シャフト/スピンドル/フランジ/スリーブ:精密研磨加工のエムワン精工(大田区/蒲田)
English
高精度加工、研磨、研削、切削はお任せください
精密部品のご相談(秘密厳守)
 

現在のページ M1のものづくり > 現在のページ 高精度軸物加工

センター孔研磨機による高精度軸物へのこだわり

高精度軸物加工へのこだわり
センター孔研磨機の活用



軸精度へのこだわり


スイステクニカ・センター孔研磨機の正面写真

意外に思われるかも知れませんが、実は軸関係部品の加工を行っている工場であってもセンター孔研磨機を利用しているところは少なく、たとえばここ大田区(蒲田)近隣では、おそらく数社しかありません。精密なシャフト専門の加工を看板にしていてもセンター孔研磨機を所有していない会社が多いのが実情です。

そもそも軸物のブランクは、はじめから両サイドに芯の位置が出ていますが、旋盤加工→フライス盤加工→熱処理と工程が進むごとに、応力によって製品に歪みが生じ、センターに狂いが出てしまいます。このとき、センター孔研磨機を所有しない工場ではサンドペーパーやその他の単純工具による手作業で軸部分の修正を行います。

それに対して弊社では高精度なセンター孔研磨機を2台所有し、シャフトやスピンドル、円筒研磨(テーパー加工)を含むほぼ全ての軸物加工に高精度のセンター孔研磨機を使用し、正確な芯出しを徹底しています。実際、センター孔研磨機を2台所有しているという会社は近隣では聞いたことがなく(決して当社だけ、ということではありません)、それだけ弊社の軸物の精度へのこだわりが強いと言えるのかも知れません。

技研CHGセンター孔研磨機の写真
シャフトやスピンドルなどの軸物を加工する際、ほとんどの場合は、加工形状の関係と工作機械の制約のために、加工の最中に製品を一度機械から外し、左右の軸端を逆にして機械に再固定しなければなりません。そのために精度要求が厳しい製品に対応するには、正確な芯出しが品質の要であると弊社では考えています。

にもかかわらず多くの軸物を加工する工場がセンター孔研磨機の導入に踏み切らないのは、センター孔研磨機が価格的にかなり高価である割りには、円筒研削盤などと違い、直接的には利益を生じない機械と考えられているからです。



より高い精度を必要とするお客様へ


エムワン精工では、より精度の高い製品を必要とされるお客様のご要望に応じて、熱処理加工でセンター孔の硬度を上げ、研磨した後に円錐形状のラップバーにてラップ加工を施す作業も行っております。

このような工程を踏むことで製品の基準となるセンター孔は高い精度を維持することができ、後々の追加工や寸法変更などの際もブレのない基準センター孔を使って仕上げることが可能となります。


>>  エムワン精工へのお問い合わせはこちらから

ISO9001認証登録マーク

更新情報

2018.08.16

従業員研修の為の業務変更のおしらせ

誠に勝手ながら 2018年9月07日(金)午後~2018年9月08日(土) を研修の為、休日とさせていただきます。

2018.07.02

夏季休日のおしらせ

誠に勝手ながら 2018年8月11日(土)~2018年8月15日(水) を夏季休日とさせていただきます。 夏季休日及びお盆時期の業務のご案内はこちら

2018.04.17

ゴールデンウイークの業務のご案内

ゴールデンウイークの業務のご案内を pdfファイルにてアップしました。

2017.12.17

年末年始の業務のご案内

年末年始の業務のご案内を pdfファイルにてアップしました。

2017.09.19

ISO9001 2015年度版 移行のおしらせ

2017年9月13日付けにて ISO9001 2015年度版への移行認証を受けましたので 報告いたします。

2017.09.19-2017.08.16   

夏季休日のおしらせ

誠に勝手ながら 2017年8月11日(金)~2017年8月16日(水) を夏季休日とさせていただきます。 夏季休日及びお盆時期の業務のご案内はこちら

 

  


過去の更新情報>>

トップ | 製品案内 | 円筒研磨 | 内径研磨 | テーパー加工 | センターレス研磨 | ネジ研磨

治具/ゲージ | 設計/開発 | 品質/ISO | KMN | 求人 | 会社案内 | アクセスマップ

リンク | 個人情報について | サイトマップ | 問い合わせ

Copyright(C)2003-2010 M1 Seiko Co., Ltd. All Rights Reserved.