特殊治工具/測定治具/精密ゲージ:精密部品のエムワン精工(大田区/蒲田)
English
高精度加工、研磨、研削、切削はお任せください
精密部品のご相談(秘密厳守)
 

現在のページ 製品案内 > 現在のページ 治具/ゲージ

精密測定治具/測定ゲージの製作

特殊治具・精密ゲージ

エムワン精工では、高い精度が要求される特殊な治工具、測定治具、精密ゲージを自動車、工作機械、半導体関連のお客様向けに製造しています。

製品事例は多岐に及びますが、ここでは当社独自の発想によって製品の測定時間を劇的に短縮させることに成功した事例を紹介します。


1. 難易度の高い位相関係の測定


ピニオンギア画像

左のピニオンギアは一端に渦形状を伴うねじ切りが、他端に直線的なギア形状の溝切りがあり、両サイドのギアの位置関係(位相関係)が厳密に指定されていました。

このような位相関係の測定には3次元測定器を使用しますが、クランプの調整とデータの入力を合わせると1個あたりの測定は約1時間ほども要します。




2. 測定治具への固定


ピニオンギアの渦巻き状のギア部分を2個の鋼球に固定

当社が開発した測定治具では、まず左のように2点の鋼球をギヤの溝に噛ませることよってピニオンギヤの一端を支持/固定します。


ピニオンギアの片側を固定
他端のギアは右のように、内側にギア溝を切った金属片をピニオンの溝に差し込みます。


ピニオンギアを測定治具上に固定
両端を治具に固定した状態です。


ピニオンギアを固定した測定治具上にピックテスターを走らせる
次に、金属片の上面にセットしたピックテスターを水平に滑らせて、面上の異なる箇所に移動しても針が振れないことを確認します。


当社の開発した測定治具は、点を面に置き換えることでズレ量を増幅させ、誤差の把握を容易にします。これによって素早く、容易に、かつ正確に位相関係を測定することが可能になります。



3. 効果と今後の可能性


ピックテスターを測定治具に当てる

この測定治具を使うと通常1本あたり約1時ほども要する位相関係の確認作業が約5分ほど(1/10以下)で完了します。

またこれまでは正しい位置関係を把握するまで加工機械の設定を変更できず、数時間もの間、機械を遊ばせなければなりませんでしたが、測定時間の大幅な短縮により機械の稼働時間が増え、現場全体の生産性も向上しました。




4. その他の治具


NCに使用する特殊治具

エムワン精工では、上記以外にも同芯度を確認するための特殊治具、NC用特殊治具など、用途を問わず様々な治工具や測定治具等を製作しています。

お客様の社外ブレインとして様々な問題を解決するためのアイデアやノウハウを提供し、生産性の向上に寄与できる治具を製作します。製品の加工だけでなく、加工や検品の際に必要となる二次的なアイテムについてもご相談ください。

>>  エムワン精工へのお問い合わせはこちらから

ISO9001認証登録マーク

更新情報

2018.08.16

従業員研修の為の業務変更のおしらせ

誠に勝手ながら 2018年9月07日(金)午後~2018年9月08日(土) を研修の為、休日とさせていただきます。

2018.07.02

夏季休日のおしらせ

誠に勝手ながら 2018年8月11日(土)~2018年8月15日(水) を夏季休日とさせていただきます。 夏季休日及びお盆時期の業務のご案内はこちら

2018.04.17

ゴールデンウイークの業務のご案内

ゴールデンウイークの業務のご案内を pdfファイルにてアップしました。

2017.12.17

年末年始の業務のご案内

年末年始の業務のご案内を pdfファイルにてアップしました。

2017.09.19

ISO9001 2015年度版 移行のおしらせ

2017年9月13日付けにて ISO9001 2015年度版への移行認証を受けましたので 報告いたします。

2017.09.19-2017.08.16   

夏季休日のおしらせ

誠に勝手ながら 2017年8月11日(金)~2017年8月16日(水) を夏季休日とさせていただきます。 夏季休日及びお盆時期の業務のご案内はこちら

 

  


過去の更新情報>>

トップ | 製品案内 | 円筒研磨 | 内径研磨 | テーパー加工 | センターレス研磨 | ネジ研磨

治具/ゲージ | 設計/開発 | 品質/ISO | KMN | 求人 | 会社案内 | アクセスマップ

リンク | 個人情報について | サイトマップ | 問い合わせ

Copyright(C)2003-2010 M1 Seiko Co., Ltd. All Rights Reserved.